こむら返りは予防できます(*´▽`*)

2017年09月14日

こんにちは!

奈良県生駒市で外傷治療、骨盤矯正、美容鍼灸、交通事故対応などに力を入れております「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

これから涼しくなると患者さんの中で増えてくる悩みの一つが「こむら返り」です。

ものすごく痛いですよね( ;∀;)

こむら返りになったことがないという人はほとんどいないと思いますが、みなさんはどんな対処をされていますか?

今日はそんなツライこむら返りの原因や対処法を説明していこうと思います。

 

こむら返りとは

正確には「ふくらはぎに起こる筋肉のけいれん」のことのみをさしますが、ここではふくらはぎ以外の指や首などに起こるものも同じ原因・対処法として解釈して頂いて構いません。

こむら返りとは就寝中や運動中などにふくらはぎの疼痛を伴って起こるけいれんのことです。

 

原因

  • 冷え…血液の流れが悪くなって起こります。
  • 水分不足…発汗以外にも下痢や利尿剤の服用でなる場合もあります。血液の流れが悪くなって起こります。
  • ミネラル不足…主にマグネシウムやカルシウム不足によって起こります。そのため黄砂の影響や熱中症の前兆で起こる場合もあります。
  • 筋肉の使いすぎ…筋肉が硬くなることで血液の流れが悪くなって起こります。
  • 妊娠…妊娠後期に起こりやすいです。お腹が大きくなることで骨盤の傾きや足の使い方が変わり起こります。

などなど様々な原因で起こります。

が、最終的には血液の流れが悪くなることでこむら返りを引き起こしていることが多いです。

 

症状

自分の意志とは関係なく勝手に筋肉が異常収縮してけいれんし、痛みをもたらします。

ひどい場合は筋肉の繊維が切れて肉離れのような状態になります。

 

対処法

ストレッチが有効です。

ストレッチの仕方についてはこむら返りを起こしている筋肉によって異なりますので、奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」に来られた際に直接お尋ねください。

また、患部を温めて血液の流れをよくすることも大事です。

 

 

予防法

血液の流れをよくすることが主な予防法になります。

日頃から冷えている方は奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」でお灸も行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

他には汗をかいた際に水分不足を気にして水ばかり飲んでいると、血液中のミネラル濃度が薄まってミネラル不足に陥ってしまうので、汗などでミネラルも奪われた際は水分とミネラルの両方を取るようにしましょう。

こむら返りを起こしやすい方に特に不足しているミネラルとして、カルシウムとマグネシウムがあります。

これらは様々な食材に入っていますが、大豆とゴマにはカルシウムとマグネシウムの両方が含まれていますので、積極的に摂ることをおすすめします。

              

また、妊娠中以外にも骨盤の傾きが悪かったり開いてしまっている方は足の使い方が悪くこむら返りになりやすいので、奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」では骨盤矯正を勧めさせていただいております。

長くなりましたが、こむら返りにはいろいろな原因や種類がありますので、一人で悩まず一度奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」までご相談ください。

一緒に解決策を探しましょう(∩´∀`)∩

 


えだ鍼灸整骨院・整体院ホームページ

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

駐車場6台完備

女性スタッフ在中

キッズスペース完備