テニス肘って一体なんなの?(・・?  | えだ鍼灸整骨院・整体院

2017年10月11日

こんにちは!

奈良県生駒市で外傷治療、骨盤矯正、美容鍼灸、交通事故対応などに力を入れております「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

 

涼しくなってきて体を動かすにはちょうどいい季節となってきました。

普段動かしていない体を急に動かすと、あちこち違和感や痛い箇所が出てくると思います。

そういった不調をそのままにして運動を続けていると、どんどん悪化して運動や日常生活にまで支障をきたす可能性があります。

そうならないため、軽い違和感や軽い痛みを感じた時点で早めに専門家に診てもらって、悪化させないようにすることが大事です。

 

さて今日は、久しぶりに体を動かそうと思ってテニスを始めた方に多い「テニス肘」について話をしていこうと思います。

テニス肘治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院

 

テニス肘とは

テニス肘治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院テニスのバックハンドによって発症することが多いため「テニス肘」と呼ばれることが多いですが、正式には「上腕骨外側上顆炎」といいます。

肘の外側にある上腕骨外側上顆というところについている腱が痛むことで起こります。

 

 

原因

主に上腕骨外側上顆についている腱(短橈側手根伸筋)の使いすぎや変性で発症します。

名前の通りテニスのバックハンドで発症することもありますが、日常生活や仕事で手首を酷使した人に発症するケースも多いです。

 

症状

  • テニス肘治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院物を持ち上げたとき
  • 布巾を絞るとき
  • ペットボトルのふたを開けるとき

などで肘の外側に痛みが現れます。

逆に、安静時の痛みは出ない場合が多いです。

 

検査法

複数の簡単な検査で容易に判断することが出来ます。

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」に来られた際に一度受けてみてください。

 

治療法

上腕骨外側上顆についている筋肉(短橈側手根伸筋)の緊張を取り、上腕骨外側上顆へのストレスを減らすことが必要です。

また、緊張によって引っ張られている上腕骨外側上顆には炎症が起きているので、炎症を取る必要もあります。

具体的に奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」で行っている治療法は

  • 上腕骨外側上顆についている筋肉(短橈側手根伸筋)をマッサージで緩めたり、
  • 鍼灸治療で緩めたり、
  • テーピングを施したり、
  • 炎症を取るためにアイシング治療を施したり、
  • その人に合ったサポーターの発注をしたり・・・

などなど様々な治療法があります。

各治療法の詳しいことは奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」に来られた際に直接説明させて頂きますので、一緒に最善の治療法を見つけていきましょう(o^^o)

 

 

またテニス肘と直接は関係ありませんが、スポーツをしているときに体幹がぶれると余計な力が入って怪我をしてしまうリスクが高くなります。

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」では、そういった怪我を事前に予防するために「コアレ」という体幹のインナーマッスルを鍛える機械を勧めています。

コアレについては別のページで詳しく説明していますので、よければご覧ください。

コアレについてのブログ

 


 

えだ鍼灸整骨院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

駐車場6台完備

キッズスペース完備

女性スタッフ在中