もしものための熱中症応急処置!!

2018年06月29日

こんにちは

奈良県生駒市で根本治療・交通事故治療・産後骨盤矯正に力をいれています
えだ鍼灸整骨院・整体院です。

 

暑い日が続き連日30℃を超えることが増えてきました。TVでも熱中症に注意する呼びかけなどを耳にすることが増えてきました。本日は知っているようで知らない人も多い
熱中症の応急処置方法をお話しようと思います。

生駒市で根本治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院

 

熱中症とは

熱中症には大きく分けて熱けいれん・熱失神・熱疲労・熱射病に分けられており、
軽症の熱けいれん・熱失神、中等症の熱疲労、重症の熱射病に分類されています。

熱けいれんは、汗をたくさん掻いたにも関わらず水分だけを補給したため、体内の塩分やミネラルが不足し筋肉が痙攣したり動かしずらくなってしまうものを言いこれは軽症に分類されています。生駒市で根本治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院

熱失神は、直射日光の下で長時間高温多湿の空間に居たことによって、熱を対外に逃がすために体内の血管の太さや流れなどが変わりその結果脳への必要な血液量が足りなくなってしまうなどが起こり、意識を失うものをいいます。しかし体温は正常な事が多く汗を掻いており脈拍もゆっくりしていることも多くこれも軽症に分類されています。

熱疲労は、大量に汗を掻いているが水分補給や塩分補給が間に合わず脱水症状になっているもので意識は正常な事が多いが体温が高くなり、汗を掻いているが皮膚表面の温度が低いなどの症状が起こる場合があります。この症状は中等症に分類されておりこの症状からは病院に搬送し専門の治療を受けなければなりません。

熱射病は、脳の神経が暑さで体の調整機能がくるってしまいその結果起こるもので、意識がなくなり体温が40℃近くかそれ以上に上がり汗は出ず、皮膚も乾燥していることが多いです。この症状は1秒でもはやく救急病院に搬送しなければならず命の危険も考えられる重症に分類されています。生駒市で根本治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院

 

応急処置の方法

もし熱中症各それぞれの症状が出た場合や怪しいなとなった際1秒でも早く応急処置を行ってください。遅くなればなるほど重症化や命の危険に冒される場合があるからです。

応急処置生駒市で根本治療なら地域口コミNo1えだ鍼灸整骨院・整体院

①木陰に移動し直射日光を避けましょう。

②衣服を緩めましょう

③意識があり水分が取れそうなら水分を取りましょう

④太い動脈が通っている「首・わきの下・股関節の付け根」を直接氷嚢や冷たいタオルで冷やしましょう

⑤皮膚表面を軽く濡らしその上から団扇などで扇ぎ気化熱を利用し体温を下げましょう

 

熱中症は命に関わる事の多い症状であり、誰にでも起こりえる怖いものです。
しかし熱中症の知識を持ち予防や処置をできれば怖がる必要のない症状です!!
応急処置後必要なら至急病院へ搬送しましょう。

 

えだ鍼灸整骨院・整体院

えだ鍼灸整骨院・整体院ホームページ

交通事故ページ

産後骨盤矯正ページ

生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

駐車場6台完備

キッズスペース完備

お子様連れ歓迎

バリアフリー

女性施術者活躍中