外反母趾

外反母趾で歩くのが辛い方は奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」へ

  • 足の親指が痛くて歩けない
  • 足の親指の付け根の骨が出てきた
  • 足の親指の付け根がくの字に飛び出している
  • 足の横幅が広がってきた
  • 靴を履くと親指の付け根があたって痛い
  • 足の裏をみると、人差し指の付け根辺りにタコがある

外反母趾とは

外反母趾を奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」でなおす

外反母趾(がいはんぼし)とは、足の親指が小指側に曲がってしまう疾患を指します。

親指が曲がってしまうことにより親指の付け根が飛び出し、それが靴を履いた時に当たって痛みを出します。

外反母趾にもほかの症状と同様に原因になりやすい性別などの特徴がありますので、今からそれについて書いていきます。

原因

今までは先の細いヒールを履いたりすると外反母趾になるといわれていましたが、今は一概にそれだけが原因だとは言われていません。

では何が原因なのでしょう。

・ヒールなどの先の細い靴

・遺伝

・横幅の大きすぎる靴

・性別(女性に多い)

・肥満

・筋力低下

これらが外反母趾の原因だといわれています。

この原因があるとなぜ外反母趾になるのか?

ヒールで外反母趾になった

ヒールなどの先の細い靴

靴が当たって無理やり親指が外側に曲げられることにより、外反母趾になりやすくなります。

遺伝

足の親指が足の人差し指よりも長い人は、そうでない人に比べて外反母趾になりやすいです。

これは先の細い靴などを履いた時に親指が靴に当たり、外側に曲がってしまうからです。

横幅の大きすぎる靴

先の細い靴がダメだからとゆとりのありすぎる靴ばかり履いていると、偏平足になり足の指の付け根が横に広がってしまい、結果的に親指の付け根が出てきて外反母趾になってしまいます。

性別(女性に多い)

女性のほうがヒールなどの先の細い靴を履く機会が多いからです。

肥満

体重が増えると足にかかる負担も大きくなって偏平足にもなりやすくなるため、外反母趾のリスクが高まります。

筋力低下

肥満でなくても筋力が落ちていれば体重を支えることが出来ず偏平足になってしまい、そこから外反母趾になってしまいます。

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」で外反母趾施術

外反母趾に対する施術方法

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」の外反母趾施術は骨盤矯正

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」では、外反母趾に対して様々な方面からアプローチしております。

その中でも特におすすめしているのが、【土台である骨盤から整えて再発を防ぐ根本施術】です。

外反母趾の痛みに対してのみアプローチしてしまうと、すぐにまた痛みが出てきてしまいます。

これは根本を放ったらかしにしていて痛みだけを取り除いたからです。

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」では痛みではなく歪みにフォーカスしておりますので、まず骨盤矯正から始めます。

骨盤矯正で歪みを取り除き、足裏にかかる体重を左右均等に整えます。

これによって左右どちらかだけに体重がかかることがありませんし、親指側だけに体重がかかることもなくなります。

そうなると自然と外反母趾の痛みや不調は軽減されるのですが、ここで終わってはいけません!

このまま施術を終わってしまうと、歪みが取り除かれた正しい姿勢を維持できず、結局また骨盤が歪み痛みを再発してしまいます。

そうならないために、当院では【コアレ】というEMS機器を用いて的確に効率よく体幹の筋力を鍛えます。

そうすると骨盤矯正で手に入れた正しい姿勢を維持することが出来、外反母趾の再発リスクが低下します。

外反母趾は遺伝や性別などのどうしようもない原因がたくさんありますが、きれいな姿勢や左右均等の体重のかけ方が身につけば、遺伝や性別などの原因を吹き飛ばすことが出来ます。

外反母趾は仕方がないと諦めず、根本から施術を行うことで不調のない快適な身体を手に入れましょう!

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」は予約制で待ち時間なし