自律神経失調

自律神経失調でだるさや倦怠感が取れない

  • 動悸、めまい、頭痛、全身倦怠感がある
  • 抑うつ気分、不安感がある
  • 食欲がない
  • 検査をしても原因が分からない
  • 睡眠時間はしっかり取れているがスッキリ感がない
  • 微熱が引かない

自律神経失調とは?

自律神経失調とは何らかの原因で自律神経のコントロールが上手く出来なりなり、自律神経のバランスが乱れることで様々な不調が出るものを指します。

自律神経は2種類あり、活動するときは交感神経、休んだりリラックスするときは副交感神経が働き、この2つがバランスを取ることによって体内の環境を整えてくれています。

体内環境が崩れてくると動悸・めまい・頭痛・食欲不振など様々な不調が出てきます。

 

自律神経失調の原因

寝不足やストレスで自律神経が乱れる

◆ ストレス

◆ 不規則な生活リズム

◆ 環境の変化

◆ 更年期などの女性ホルモンの影響

◆ 神経質な性格

これらのように身体に負担となることが積み重なると、自律神経のバランスが上手く取れなくなり自律神経失調として不調を招いてしまいます。

自律神経失調の症状

自律神経失調による症状

◆ 頭痛やめまい

◆ 耳鳴りや口の渇き

◆ 動悸や息切れ

◆ 胃腸の不調や腹痛

◆ 冷えや多汗

◆ 立ちくらみや倦怠感

◆ 肩こりや痺れ

◆ 微熱や抑うつ感

自律神経失調に対する当整骨院での施術内容

当整骨院では上記のような不調を招いている自律神経失調に対し、鍼灸施術を中心にメニューを提供しております。

自律神経失調に対して鍼・針を打つ様子

鍼灸施術の目的

◆ コリなどに鍼を刺すことで筋肉の緊張をほぐします。

◆ 鍼を刺すことで局所に血液を集めることで自然治癒力が高まります。

◆ ツボに鍼を刺したりお灸を据えることで気のめぐりがよくなり、自律神経の乱れを整えます。

このような作用を持っている鍼灸を使用することで、先程述べた様々な不調に対しアプローチをすることが可能です。

 

ご自宅で出来るケア

◆ 湯船に浸かって身体を温める

◆ 朝日を浴びる

◆ 軽いストレッチや有酸素運動を行う

◆ エアコンや暖房を付けすぎない(極端に低い温度や高い温度を避ける)

◆ バランスのいい食事や規則正しい生活リズムをとる

自律神経失調に対して自宅でできること

酷ければ休職も余儀なくされてしまう自律神経失調。。。

諦めることなくきちんと対処をすれば回復するものです。

放っておかずに早めの対処を心がけましょう!

予約優先制の整骨院