胸郭出口症候群

生駒で肋間神経痛なら、えだ整骨院

  • 腕を上げると手に痛みやしびれが走る
  • 常に腕にだるさやしびれがある
  • 握力が極端に落ちた
  • 肩から指先にかけて冷たい感じがする
  • つり革につかまると手がだるい
  • 手や腕がすぐに疲れてしまう

胸郭出口症候群とは?

胸郭出口症候群とは、首から肩にかけて走行している神経の通り道である胸郭出口と言う部位で神経が絞めつけられる事により、肩や腕、指先にかけての痛みやしびれ、冷たく感じるなどの不調が出るものの総称です。

洗濯物を物干し竿に干す時や、電車やバスのつり革につかまる時など、手を上に上げると胸郭出口が絞めつけられ、痛みやしびれが出てしまうといわれています。

生駒市で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

胸郭出口症候群の原因とは?

胸郭出口症候群の原因とは主に3つに分かれています。

1:斜角筋症候群

斜角筋症候群とは、前斜角筋・中斜角筋の隙間(斜角筋隙)に腕神経叢と呼ばれる神経の束や鎖骨下動脈が通っているのですが、腕の使いすぎや首の骨の歪みによってその部分に圧迫や牽引が加わり、神経・血管に影響を及ぼしてしまうものを指します。

生駒市で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

2:肋鎖症候群

斜角筋隙を通過した神経は第一肋骨と鎖骨(肋鎖間隙)の間を通過します。なで肩のように鎖骨と肩甲骨が下にズレている人は、肋鎖間隙が狭くなり、腕神経叢と鎖骨下動脈などを締め付けてしまいます。カバンを肩にかけたときに胸郭出口症候群の痛みやしびれが強く出る場合は肋鎖症候群の可能性が高いです。生駒市で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

3:過外転症候群

肋鎖間隙を通過した神経は次に胸の筋肉である小胸筋の下を通過します。小胸筋が過度に緊張したまま腕を横に上げる(外転)時に神経が絞めつけられることが原因で腕にかけて痛みやしびれが起こります。胸の筋肉は普段からよく使うため、とてもコリやすくリンパも詰まりやすいため非常に不調が出やすいです。特にバスや電車で吊革などを持った際に症状が強く出る人は注意が必要です。生駒で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ整骨院

ここまでの説明で何度も書いているのですが、場所は違えど全て神経が締め付けられることによって不調が起きています。

そのため神経を絞めつけないための施術をすることが重要です。

次に施術方法のお話しをしたいと思います。

胸郭出口症候群の施術

当整骨院では胸郭出口症候群への対処として、神経を絞めつけている筋肉のケア前かがみになってしまっている首の骨や肩周りのズレを正常化するための矯正施術が大切だと考えています。

胸郭出口症候群で悩まれている方によく聞くのが、痛みやしびれが少しは軽減するがなかなかよくなりきらないとの声や、よくなったと思っていたが再度時間が経過すると元の辛い状態に戻ってしまったとの声です。

このようなケースは、その場しのぎだけで根本的な施術を行っていない事が考えられます。

当整骨院では根本回復のために、まず筋肉に対するアプローチとして斜角筋や小胸筋に対するマッサージストレッチ鍼灸施術を提案しております

生駒で胸郭出口症候群に鍼灸施術を行うなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

鍼灸施術はWHOなどからも神経疾患などに有効であると実証されており、世界基準でみても信頼度の高い施術技術です。鍼は経穴(ツボ)やトリガーポイントなどに刺すことで結果を出すことで有名ですが、鍼を刺す行為自体にも意味があります。人の体は傷つくとその部分を良くする細胞(血を止める細胞&修復する細胞)が働きますが、鍼で傷をつけた場合、血がほとんど出ないため体を修復する細胞のみが働く事になります。ようするに指した場所に体を修復する細胞を集めることが出来ます。そのような結果が出るからこそ鍼灸施術はアスリート選手にも重宝されていますし、筋肉のみならず神経に対してもアプローチできるため胸郭出口症候群の施術に有効とされています。さらに灸は人体の深部血液循環を活性化、免疫力の向上、自己回復能力の向上などを目的として使用されます。

生駒市で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ鍼灸整骨院・整体院矯正施術はトムソンベッド・アクティベーターを用いた背骨矯正・骨盤矯正を行います。今回の胸郭出口症候群の原因でもある首の骨の歪みや肩が前のめりになってしまっている事による胸椎バランスの崩れ、更に身体の要でもある骨盤からの影響も想定し、全身の検査を行いその場所だけでなく全体的な矯正施術を行っております。

トムソンベッドの矯正は昔ながらのボキボキさせる矯正とは違い、専用の機械を使った優しく安全で即効性のある矯正になっています。トムソンベッドは主にカイロプラクティックなどで使用されることが多く、体の歪みを取るために長い間支持されている機械です。ボキボキする矯正は一度で大きく骨を動かし大雑把には戻せますがやはり結果という点からみると長続きせず持続性はいまいちです。しかしこのトムソンベッドは何度も同じ方向に矯正をかけることが出来、刺激も優しく細かく戻すので正確性があり尚且つ何度も矯正をかけているので持続性も長いです。土台である骨盤や背骨を整えた上で更に首などの細かな部分をアクチベータといった注射器のような機械を使い調整していきます。これも音がパチンパチンといいますが衝撃はそこまでなく痛みもほとんどありません。この2つを組み合わせ矯正施術を行います。

このような流れで

筋肉に対するアプローチ
(斜角筋や小胸筋などの筋膜調整)

胸郭出口症候群をよくしたいなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

 ↓

神経に対するアプローチ
 (鍼灸施術)

生駒で胸郭出口症候群に鍼灸治療を行うなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

 ↓

歪んでいる骨格を正常な位置に戻す
(トムソンベッド・アクチベーター)

生駒市で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ鍼灸整骨院・整体院生駒市で胸郭出口症候群をよくするなら、えだ鍼灸整骨院・整体院

胸郭出口症候群は痛みやしびれがとても辛く早期回復が大切です。

どこへ行っても変わらないと諦めず、お気軽に当整骨院へご相談ください。