モートン病

モートン病の症状は足の中指と薬指の間が痛くなる

  • 足の中指と薬指の間が痛い
  • 足の中指と薬指の間が痺れる
  • 足の中指と薬指の間が熱く感じる
  • 足の裏にしこりがある
  • 上記の症状が人差し指と中指の間に起きる
  • 日頃、つま先立ちになる事が多い

モートン病とは

モートン病とは、

足の中指と薬指の間に起きる神経症状のことを指します。

※必ずしもその指だけに起きるわけではなく、人差し指と中指の間に症状が出る方もいます。

比較的、中年以降の女性に多く発症します。

 

原因

中腰姿勢が多い方やハイヒールをよく履く方などに発症しやすいことから、つま先立ち姿勢が原因だといわれています。

その他には先の細い靴を履くなど、指先が締め付けられることでも発症しやすいです。

扁平足など足のアーチが崩れている方も、神経を圧迫されやすいことからモートン病を発症しやすいといわれています。

症状

モートン病で指を反らすと痛い、歩くのが痛い

モートン病の症状は

・歩いたり走ったりしたときの指の間の痛み、痺れ

・指先を反らす動作(しゃがむ・指を引っ張る)で痛みやしびれが悪化する

・指の間が鈍く感じたり熱く感じたりする

等です。

酷くなると上手く体重をかけることが出来ないため、歩けなくなったり身体が歪んでしまったりします。

当整骨院での対処法

モートン病に対する当整骨院での対処法としては、

先ずは痛みを取り除くため

マッサージ施術や鍼灸施術やハイボルテージを用います。

モートン病にマッサージや鍼灸施術

それらにより圧迫している神経を解放したり、偏った体重のかけ方で過剰に緊張してしまった筋肉を緩めたりします。

それにより痛みを緩和させる効果が期待されます。

 

その後、根本施術に移らせていただきます。

当整骨院では

「その場しのぎではなく、痛みが再発しない身体」

にすることを根本施術の目標とさせていただいております。

痛みが再発しない身体にするためには、今ある痛みを取り除くだけではいけません。

アーチが崩れている方はインソールの使用が必要な場合もありますし、

背骨や骨盤が歪んでいる人は矯正が必要な場合もあります。


モートン病で足が痛くて体が歪む

痛みによって長期間偏った体重のかけ方をしていると徐々に背骨や骨盤が歪んできます。

その状態で筋肉を緩めるだけの施術を受けても、その時は痛みが取れますがまた時間が経つと片足ばかりに負担がかかったままのため、痛みが再発してきます。

モートン病に骨盤矯正を行って根本施術

それを防ぐため、当整骨院では背骨・骨盤矯正を取り入れております。

歪んでしまった背骨や骨盤を矯正することで左右均等な体重のかけ方が出来ますので、片足のみに負担がかかってしまうことがなくなります。

モートン病は通常、一度なると一生付き合っていかなければならないといわれています。

ですが当整骨院のように根本施術を受け、身体の構造を変えていくことが出来れば完全回復も可能な疾患です。

どこにいっても変わらないと諦めている方は是非一度当整骨院へお越しください。

モートン病を根本的に回復させるなら、えだ鍼灸整骨院・整体院