月経前症候群(PMS)

月経前症候群でお腹が張る、お腹が痛い

  • 偏頭痛がある
  • 倦怠感がある
  • 腰痛がある
  • イライラしやすい
  • 過食
  • 集中力の低下

月経前症候群(PMS)とは

月経前症候群とは、月経前に起こる「お腹の張り」「腰痛」「腹痛」「頭痛」「眠気」などの不調を指します。

日常生活に支障のない程度でしたら生理的な現象として特に気にすることはないのですが、上記のような症状によって日常生活に支障をきたす場合は『月経前症候群(PMS)』にあたります。

症候群といわれるだけあって、人によって現れる不調は様々です。

 

先程挙げた症状は身体の不調のみですが、

「イライラ」「倦怠感」「不安感」「集中力の低下」などの精神的な不調も含まれます。

月経前症候群(PMS)によるイライラ、不安感

月経前症候群(PMS)の原因は?

はっきりとした原因は解明されていませんが、女性ホルモンが影響しているといわれています。

ですが女性ホルモンの分泌量やホルモンバランスの悪さが直接PMSに影響しているわけではないようです。

食生活の偏り、運動不足、まじめな性格、ストレスなどが合わさった際に月経前症候群(PMS)を起こしやすくなるといわれています。

真面目な性格が月経前症候群(PMS)を悪化

 

月経前症候群(PMS)に苦しんでいる方の割合

日本では月経がある女性の70~80%に月経前なんらかの不調があるといわれています。

生活に支障をきたすような月経前症候群(PMS)の方は5.4%もいるといわれており、決して人ごとではないものです。

月経前症候群(PMS)に対する当整骨院の施術法

月経前症候群(PMS)は先程述べたように、ホルモンバランスが直接影響しているわけではありません。

ですので当整骨院ではその他の月経前症候群(PMS)を引き起こしやすくする要因に対して施術を行っていきます。

筋肉に対するマッサージ施術や鍼施術

マッサージや鍼灸施術でPMSを緩和

これらの施術は身体の交感神経と副交感神経のバランスを整えます。

ストレスのかかっている人というのは交感神経が優位に働いています。

マッサージ施術や鍼施術によって副交感神経を優位にすることで、ストレスを緩和させることが出来ます。

副交感神経が優位になると身体としてはリラックス状態になるので、月経前症候群(PMS)によって不眠や不安感を訴えられていた方も不調の軽減に繋がります。

 

ですが、

マッサージはくすぐったかったり痛かったりするから苦手
鍼は痛そうで怖いから受けたくない

このように考えられる方も中にはいます。

ご安心ください。

当整骨院はもちろん無理矢理苦手な施術を行うようなことはいたしません。

 

箱灸・お灸で月経前症候群(PMS)を緩和

そのような方には箱灸を用いたお灸施術がオススメです!

じんわりお腹周りや腰周りを温めることが出来るので、それにより副交感神経を優位にすることが可能です。

イメージはお風呂に入っている感じ♪

ポカポカと心地良い温度で身体を温めてくれます。


人には相談しにくい月経前症候群(PMS)…

当整骨院には女性スタッフが多数在籍しておりますので、男性スタッフに相談しにくい方でも安心してお越しください。

女性スタッフ多数在籍