内反小趾

内反小趾は小指が内側に曲がる

  • 小指の付け根が痛い
  • 小指が内側に曲がる
  • 足の横幅が広くなる
  • 小指が痛くてくつが履けない
  • 小指の付け根にタコがある
  • 外反母趾になっている

内反小趾とは?

内反小趾と言う言葉を聞いたことはありますか?

外反母趾という言葉を聞いたことのある方は多いかと思いますが、内反小趾は聞いたことのない方も多いのではないでしょうか?

簡単にいうと外反母趾が親指の疾患で、

内反小趾が小指の疾患です。

外反母趾の小指バージョンと思っていただければイメージしやすいかと思います。

小指の外反母趾

内反小趾の症状

内反小趾の症状は

・小指の付け根の痛み

・小指の付け根の腫れや赤み

・小指が内側(薬指の方)に向く

・小指の付け根にタコが出来る

・くつが当たって痛い

などが主に挙げられます。

これらの症状は歩くときに特に強く現れるのが特徴ですが、酷くなってくるとじっとしていても痛む場合もあります。

くつが当たって小指が痛い

内反小趾の原因

扁平足が原因で内反小趾になる

遺伝性やヒールなども原因の一つだと言われています。

ですがそれ以外にも

扁平足開張足(足の横幅が広くなる)なども原因だと言われています。

当整骨院の内反小趾に対するアプローチ

当整骨院では内反小趾に対し

背骨・骨盤矯正を行います。

なぜなら原因で挙げた扁平足や開張足は不適合なくつによってなる場合もありますが、多くの場合は悪い歩き方の癖によって起きることが多いからです。

そしてその悪い歩き方は背骨や骨盤がゆがんでいる事が原因の場合が多いのです。

歩き方が原因で扁平足や内反小趾になる


当整骨院では今ある痛みに対するアプローチとして、筋肉調整鍼灸施術などを用いて足回りの筋肉を緩めていきます。

それによって内反小趾で過剰に緊張してしまっている筋肉を緩める事が出来ますので、今でている痛みを軽減することが可能です。

足裏マッサージ

痛みを取るためにこの施術はとても重要ですが、当整骨院の特徴はここからです。

内反小趾に対して骨盤矯正

痛みを取り除いた後、

当整骨院では内反小趾による痛みを再発させないために背骨や骨盤を整えます。

これが非常に重要で、いくら筋肉調整や鍼灸施術を行って今ある痛みを取り除いたとしても、根本原因である体の歪みを整えない限りは時間が経てばまた再発を繰り返してしまいます。

内反小趾は正直手術をしない限りは一生付き合っていかなければならない疾患です。

何もケアをせずに普通に生活していればどんどん悪化してきて歩くのも満足に出来なくなります。

それならばケアを頑張って、痛みを出さずに付き合っていきたくありませんか?

同じ『一生付き合っていく』でも両者は全然違います。

当整骨院では後者の『痛みを出さずに付き合っていく方法』を提案しております。

これから先の長い人生のことを考えて、今少し頑張りませんか?

内反小趾の痛みを取りたい