ジャンパー膝

ジャンパー膝はジャンプをするときに膝が痛い

  • ジャンプをすると膝が痛い 
  • 深くしゃがむと膝が痛いなら 
  • 階段を降りるときに膝が痛いなら 
  • 部活動などでジャンプやダッシュをよくするなら 
  • 10~20歳である 
  • 身体が硬いなら 

ジャンパー膝とは /生駒えだ鍼灸整骨院・整体院

ジャンパー膝とは、膝蓋腱(お皿の下の腱)や大腿四頭筋腱の炎症で膝まわりに痛みを発症するものを指します。

その名の通り、ジャンプ動作やダッシュ動作を繰り返すスポーツ選手に多く発症するスポーツ障害の一種です。

 

ジャンパー膝の症状

膝のお皿の上や下が、

・ジャンプ動作やダッシュ動作で痛む

・正座で痛む

・階段の昇り降りで痛む

・腫れる、熱を持つ

などが代表的な症状です。

部活でジャンプした際に膝が痛い

ジャンパー膝の好発年齢や性別/生駒えだ鍼灸整骨院・整体院

成長過程で起きることが多いため、

10~20歳の男性に多く発症します。

 

ジャンパー膝の原因

成長痛とジャンパー膝の違い

 

・繰り返しのジャンプ動作やダッシュ動作

・身体の硬さ

・急な身長の伸び

などが代表的な原因です。

ジャンパー膝の生駒えだ鍼灸整骨院・整体院での施術法

ジャンパー膝の施術法は、身体の硬さと炎症を取り除くことが非常に重要になってきます。

そのため当院では、マッサージ鍼灸施術を用いて筋肉を柔らかくしたり、ストレッチを行うことで身体を柔らかくしたりします。

炎症がひどい場合はアイシングによって炎症を取り除きます。

ストレッチで膝の痛みを取り除く

これらの施術法で痛みはずいぶん軽減しますので、ここで施術終了と思われる方が多いかと思います。

ですが勘違いしてはいけないのが、この段階では痛みが取り除かれただけで原因が取り除かれていないということです。

原因をきちんと取り除いていないとすぐにまた再発してしまいます。

その原因を取り除く方法は、先程のストレッチを継続して行っていただいたり、

そもそも荷重のかけ方が左右で違うため片側ばかりに負担がかかっているので、それを取り除いたりすることが肝心になってきます。

 

骨盤矯正でジャンパー膝を克服

生駒えだ鍼灸整骨院・整体院では矯正専用の機械を用意しておりますので、片側ばかりに負担がかかるのを解消することが出来ます。

荷重のかけ方が左右均等になると、同じような生活をしていてもほとんど膝に負担は溜まりません。

この状態が本来の【施術終了】のタイミングです。

生駒えだ鍼灸整骨院・整体院ではここまでの施術プランを組み、再発しないように施術を行っていきます。

どこに行っても再発を繰り返してしまい諦めていた方は、是非一度当整骨院へお越しください。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

ジャンパー膝を放っておかず、早期回復を目指します

執筆者:柔道整復師
生駒えだ鍼灸整骨院・整体院 院長 江田 佑介

院長写真

私が整骨院を開業したきっかけは自分自身が野球をしていた当時、様々な怪我を繰り返し練習にすら参加できない状態が続いた事、当たり前に身体が動かせる事が当たり前にできない辛さ、勝負に対して、勝負すらできない辛さを味わい悩んでいた時に根本的に治す事ができる整骨院の先生に助けてもらいこのような職業があると知り、そこから目指すようになりした。

詳しくはこちら