ツボになる話☆鍼灸で冷え・むくみ・生理痛改善☆★

2021年02月12日

寒中見舞い申し上げます。

はり・きゅう 交通事故対応 産後骨盤矯正に力を入れている

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

節分も終わり、立春に入りましたね♪

とはいえ、寒い日が続くばかり・・・

『あかぎれの指にあつまる水の声』
萩原  玉子

アルコール消毒+乾燥で肌が負けちゃう⤵方も多いのではないでしょうか?

そんな寒中お過ごしの皆さんに、当整骨院では箱灸をご用意しております♪

冷え・身体のだるさ・むくみ・生理痛などにおススメです。 

木箱を通して直接肌にお灸が当たらないため、火傷あとの残らないじんわり温かいお灸です。

お灸の薫りを感じながら、ポカポカポカと体内の免疫力UPを目指しませんか?

鍼灸ページはこちら

 

鍼やお灸でツボを刺激して冷えやむくみや生理痛を改善

そんな、箱灸にも力を注いでいる

生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」

でありますが、鍼灸といえばなんといっても『ツボ』ですよね♪

この「『ツボ』を刺激するとむくみに良いらしいです。」などと一度は耳にしたことあるのではないかと思います。

ところでこの『ツボ』って、いつから発見されたものなんでしょうか?!

実はもともとは、石器時代のあたりからだと言われております。

今みたいに靴や服などを着る習慣がない大昔の話であります。

真夜中の暗中に茂みの中を走り回ったりする際に、木の枝や草やその他の障害物などにぶつかり傷を負うことが多かったそうです。

その傷が、偶然にも体調を良くしたり、逆に痛みを軽くしたりすることが起きたのであります。

そしたら今度は…なんと!!

それがどこに傷を負うと軽くして良くなるのか、みんなで統計をとったそうです!!(昔の人はとんでもないことを考えますよね?!)

それでできあがったのがいわゆる『ツボ』だと言われているそうです。

そうして長い歴史を経て人々の生活や健康を支えてきました。

現在では、WHO(世界保健機関)でも、361個の『ツボ』が認められています。

そしてその『ツボ』は、正式には『経穴』(けいけつ)と呼ばれ、『経絡』(けいらく)という『気の通り道』に存在します。

身近なものに例えてみると…

電車を思い浮かべてみましょう!

町中を走る電車を『気』、電車が走る線路を『経絡』、線路上に点在する難波や、西大寺などの駅を『経穴』、つまり『ツボ』と置き換えます。

線路上でトラブルが起こって電車の運行に支障が出ると、後方を走っている電車や乗客など、さまざまな方面に影響が及びます。

同様に、気がうまく流れないと、痛みや腫れ、不快症状などが発生します。鉄道にトラブルが発生したときは、駅に電車を止めて、ダイヤの乱れを調節します。奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院で鍼灸を受ける

東洋医学では、『ツボ』を刺激することによって気の乱れを整え、むくみなどの体の不調を取り除くのです。

西洋医学のように、オペして患部を取り除いたり、傷口を縫い合わせたり、という救急的なことはできません。

基本的には、人間の体に備わっている『自然治癒力』を高めることで、症状を少しずつ緩和していくというしくみです。

病気になってからケアするよりも、病気にならないことのほうが大切です。

『ツボ』刺激が皆さんの健康管理の後押しになれば光栄です!!!

生駒の整骨院で鍼灸が有名なところ

 

生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

予約優先制

女性スタッフ在籍

駐車場 

キッズスペース 

土日も17:00まで受付

えだ鍼灸整骨院・整体院ホームページ