部活動で腰が痛い方は要注意 !腰椎分離症かも?★

2021年02月14日

こんにちは!!

スポーツ外傷、根本施術、交通事故対応が得意な、奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

 

腰が痛いけど、部活動の練習を休めない、、、

実はその腰痛、ほっておくと骨に異常をきたす「腰椎分離症」という腰痛になることもあります。

今回はスポーツで発生する、「腰痛分離症」の説明や対処法を紹介させていただきます。

 

部活動による腰椎分離症で腰が痛い

腰椎分離症とは

部活動などでスポーツを活発におこなっている、10代〜20代にかけてよく発生する疾患です。

主に腰の骨である腰椎の突起部分が繰り返し発生する外力により、腰の骨が分離し、強い腰痛が発生します。

骨に異常をきたすため、通常の腰痛と比べて痛みが強く、運動も思う通りに体をうごかせなくなります。

 

腰椎分離症の対処法

腰椎分離症になると、痛みが強いためまずは安静にすることが求められます。

また安静にするためにコルセットを装着することも有ります。

 

しかし、安静にしていても痛みが再発することが多いです。

それは、筋肉の柔軟性低下や骨格の歪みが原因です。

 

部活動などで、ハードに運動していると体のケアをしていなければ疲労が蓄積され、筋肉の柔軟性が低下し、骨格が歪み、腰椎に繰り返し負担がかかるようになり、最終的に腰椎が分離します。

 

ですので腰椎分離症の痛みが落ち着いたとしても、原因である柔軟性や骨格の歪みが改善されなければまた負担がかかり痛みが再発するのです。

 

セルフメンテナンス

ではどのようなメンテナンスを行えばいいのか紹介いたします。

 

  • お風呂にゆっくり浸かる

お風呂に浸かることで、血液の流れが活発になり、運動して発生する疲労物質を流していき溜め込まないようにすることができます。疲労物質を溜め込むことで筋肉の柔軟性が低下するので、外が寒くても暑くてもお風呂に浸かってあげるのがおすすめです。

 

  • ストレッチを行う

運動をしていると、筋肉に疲労が溜まっていき、柔軟性が低下します。筋肉の柔軟性が低下すると、力が発揮しづらくなったり体の動きが悪くなり、余計に力を発揮しなければならないようになり、パフォーマンスが低下したり疲労がたまりやすくなります。体の柔軟性を高めるためには、運動後や入浴後の体が温まっている時が効果的です。

 

  • 体幹の筋力を鍛える

腰痛が出る原因として、体幹の筋力が弱いことも大きな原因となります。体幹の筋力が弱いと背筋を主に使うようになり、腰椎に負担がかかるようになります。また姿勢を維持するのに体幹の筋力は必要です。体幹のトレーニングとして、ドローインやプランクというトレーニングがおすすめです。

部活動による腰椎分離症で腰が痛い、ストレッチで対処

 

自分でケアできなければ、「えだ鍼灸整骨院・整体院」へ!!

なかなかセルフメンテナンスの必要性はわかっていても、練習や勉強でなかなか時間が取れない方も多く、痛みを我慢しながら部活動に打ち込んでいる方も多いと思います。

その状態で無理して部活動を続けていると、必ず無理が効かない状態になります。

 

病院に行ったけどなかなか腰の痛みがよくならない、セルフメンテナンスできない、痛みをなんとかしたい。

 

そのような症状は、当整骨院にご相談ください。

当院は部活動で痛みを抱えながらプレイしている方が多く来院されています。

また手技、骨格矯正、トレーニングを組み合わせて根本施術を行うことで、痛みがよくなるだけでなく、よりパフォーマンスがよくなる施術をおこなっています。

 

ぜひ一度、奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」にご相談ください!!

部活動で腰が痛い、奈良県生駒市の整骨院で根本改善

 

生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」
奈良県生駒市俵口町451ー1
TEL:0743-75-1656
予約優先制

女性スタッフ在籍

駐車場完備

ベビースペース有り

土日17時まで受付