肩こりを解消するためにお風呂に入るのが良いの?★

2021年12月3日

こんにちは!

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院です。

肩こり・腰痛・頭痛にお悩みの方は当整骨院の根本治療にお任せください。

その他にも交通事故対応や産後骨盤矯正も得意としております。

 

さて本日は【肩こり解消にはお風呂が良いのか?】ということについてお話をしていきます。

肩こり解消のためにお風呂に入る!奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

肩こりというのは、首と肩を繋いでいる筋肉の中に老廃物が溜まったり、首や肩の血行不良が起きたりすることによって起こります。

基本的に身体の治療というのは原因を潰していくことだとされています。

ですので肩こりの場合は老廃物が溜まらないように押し流す力を付けたり、血行を良くしたりすることが治療になります。

 

肩こり解消のために具体的に何をするかというと、【お風呂に入って湯舟に浸かる】ということです。

お風呂の中で湯舟に浸かることで身体の血液循環は良くなります。

つまり血行不良が解消されるのです。

同時に、血液循環が良くなるということは老廃物を押し流すだけの力を手に入れるということなので、老廃物が溜まるということも解消されます。

お風呂に入って肩こりを解消!奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

 

肩こり解消のためには具体的にどんな風にお風呂の湯舟に浸かるのが良いのか?

40~41℃の湯舟に10分程度肩までしっかりと浸かってください。

その時は身体が熱くなるほどぬくもった感じがしないかもしれませんが、お風呂から出てきたら徐々に体がポカポカして来て、その後しばらくポカポカが継続されますよ☆

39℃以下だとお風呂から出てきても身体が冷えたままで、

42℃以上だとお風呂に入っている間だけ身体がぬくもっていて上がったらすぐに冷えてしまいます。

ですので肩こり解消のためには40~41℃のお風呂に10分程度浸かるのが良いとされています。

 

お風呂以外で肩こり解消のために役立つものとは?

血流を良くすることが肩こり解消に重要ですので、

お風呂以外だと

【首まである服を着て保温をしっかりとする】

【小豆などを温めて肩や首に置く】

この二つが非常に有効と考えられています。

人の体温は36℃程度あるので、その熱を身体の外に逃がさないようにするだけでも充分血行を良くすることのサポートになります。

もしくは小豆などを温めて肩に置くことも、ジンワリと深部から温めてくれるので血行改善に役立ちます。

タオルなどをチンして肩に置く方法もあるのですが、タオル自体がすぐに冷えてしまって血行改善には少し物足りないのが現状です。

そういった意味でも小豆は冷めにくく非常に有効です。

 

無理のない範囲で毎日行えるものを取り入れよう!

肩こりは毎日蓄積されて起きていますので、お風呂にしても保温にしても小豆にしても【毎日行えるか】が明暗を分けます。

全部やろうとして背伸びをして続かないくらいなら、ひとつだけでも毎日コツコツと行う方が結果に繋がりますので、気長に行えるものを選択してください。

 

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院では、肩こりが再発しにくくなるような根本施術を行っております。

肩こりの根本施術に関してはこちらをご覧ください。

このような治療を行いながらお風呂に入るなどの自宅ケアを行うことで、肩こりに悩まされる生活と離れることが出来ます。

肩こりは治らないものと思わず、適切なケアをして快適な生活を送るようにしましょう!

肩こりを治すならお風呂に入ろう!奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

 

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

えだ鍼灸整骨院・整体院HP

年末年始は12/29(水)13時~1/5(水)10時まで休診