マッサージは出来るだけ強い方が効果的なのか!?★

2021年06月29日

こんにちは!!

産後骨盤矯正、交通事故対応、鍼灸施術に力を入れております

奈良県生駒市『えだ鍼灸整骨院・整体院』です。

今日はマッサージの強さについてのお話をさせていただきます。

「痛い=効果がある」「マッサージが好きでよく通う」「強揉みが好き」とマッサージ屋に通われる方もいらっしゃいます。

しかし、「痛い」と感じるほどのマッサージは逆効果でしかありません。

痛いマッサージを受けた筋肉の反応

痛みのあるマッサージを受けた場合に、筋肉細胞は必要以上の刺激(痛み)に対して防御反応を起こします。
その痛みに耐えようとし、その結果、より硬くなっていきます。

男女問わず「マッサージが好きでよく通う」「強揉みが好き」という方ほど筋肉組織はもちろん、皮膚組織までもが厚く硬くなっています。
そして、厚く硬くなった体をほぐすというのは非常に大変なことで、簡単にはほぐれません。

そのため、「もっと強く押して欲しい」と受ける側も強く揉めばほぐれると思って(思い込んで)強いマッサージを行います。
そうすると、さらに筋肉細胞は硬くなっていく…という悪循環に陥ります。

「筋肉が凝り硬い体」と「マッサージによって不必要に硬くなっている体」というのは異なります。

「筋肉が凝り硬い体」の場合には、治していくにはマッサージより鍼の方がオススメです。
また、本人も何かしら運動や体操をして血液循環を良くする努力が必要になってきます。

「マッサージによって不必要に硬くなっている体」というのはマッサージする側とされる側との「強いマッサージの方が効果的」という誤った認識でしかありません。

きちん体を理解したケアを

体を治すのに必要以上の圧は不要であり、むしろ逆効果です。

あえて、ゴリゴリ系の強いマッサージを行うには、きちんと患者様の体を見極める必要があります。
そのため、当院では初診時は30分という比較的長い時間を問診の時間に充てています。
大事なことは初診時にしっかり時間を確保して患者様のお話を聞き、体を評価してからケアするということです。

まずは、「痛い=効果がある」「マッサージが好きでよく通う強揉みが好き」という思い込みを辞め、きちんと体をケアする事が大事です。

マッサージは優しく10分程度で

「慢性疲労に対して、強いマッサージは厳禁」です。マッサージは、「なでるくらいの力加減で10分程度」でじゅうぶんです。ソフトタッチのマッサージでも、筋肉に対するマッサージ効果は発揮されます。重い荷物を運んで疲れたときや、休日にスポーツをしたために張りを感じるときなどは、この目安に沿ってマッサージを活用するのもいいと思います。
奈良県生駒市『えだ鍼灸整骨院・整体院』では体がしんどくならないように長時間ではなく、あえて10分程度のマッサージを行っております。

体のお悩みいつでもご相談下さい。

整体ページはこちら

 

生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

予約優先制

女性スタッフ在籍

駐車場 有

キッズスペース 有

土日も17:00まで受付

えだ鍼灸整骨院・整体院ホームページ