夏バテ対策に良い食べ物や飲み物ってどんなの?★

2021年07月31日

こんにちは!

コロナ対策に取り組みながら、夏バテに負けず元気に診療しております

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

夏バテ、熱中症の対策や対処法

夏です!

空を見ても夏って感じの真っ青な空と真っ白な雲が広がっています。

そんな夏、

毎年夏バテに苦しめられている方も多いのではないのでしょうか?

今年はいつも以上に暑い夏になりそうなので、早めに夏バテ対策に取り組む必要があると感じております。

 

みなさんはどんな夏バテ対策に取り組んでいますか?

代表的なものは栄養満点の食事を摂ることです。

でも夏バテの時ってあまり何も食べられませんよね。。。

もちろんそうなる前に日頃からしっかりと食事を摂ると良いのはわかっているのですが、毎年懲りずに夏バテしてから慌てて対処法を探すのが人間というものです(。-∀-)笑

体がだるい、食欲がわかない、夏バテ?

 

今日は夏バテしてからできる対処法についてお話していきます。

 

食べ物を見直し、固形物がのどを通りにくいときはサプリメントや栄養剤などに頼る

固形物を摂る食事だけが食事ではありません。

時にはサプリメントなどに頼って効率よくスルっと栄養を補うことも必要です。

夏バテを軽減させたいときはビタミン類やタンパク質をいつも以上に摂取することを心がけてみてください。

 

スポーツドリンクなどで水分をしっかりと摂る

発汗により、身体の中からは水だけでなくナトリウムやミネラルなども失われています。

そういったナトリウムやミネラルなども水分補給の際に合わせて摂取することで、夏バテの身体を元に戻すことが出来ます。

 

シャワーだけでなく、ぬるめの湯舟に10~15分程度浸かる

湯舟に浸かることで交感神経と副交感神経のバランスを整え身体をリラックスさせることが出来ますので、熱いからとついついシャワーだけで済ませてしまわず湯舟に浸かるよう心掛けてください。

意外とクーラーなどで身体は冷えているので、ぬるめのお湯が心地よく感じるはずですよ。

 

冷房の温度をこまめに調整する

冷房などにより室内外の温度差が5℃以上になると自律神経が乱れやすくなります。

衣服の調整なども行いつつ、無理のない範囲で冷房のこまめな温度調整を行いましょう。

※冷房は27~28℃くらいがいいと言われていますが、体調なども含め決して無理はしないでください。

 

これらの対処法であれば、夏バテをしてしまってからでも頑張れるのではないでしょうか?

毎年なっているから仕方がないと放っておかず、出来る限り対処をして元気に楽しい夏を過ごしましょう!

夏バテ対策にスイカが良い

 

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451‐1

0743-75-1656

予約優先制

根本治療を得意としております

産後骨盤矯正も行っております

夏バテ対策お任せください

えだ鍼灸整骨院・整体院HPはこちら