外反母趾の人ほど良いスニーカーを履きましょう!★

2021年06月15日

こんにちは!!

歩行対策にも力を注いでおります

生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

今回は靴選びに関してのお話です。 

足の健康を考えるならぜひともスニーカーをオススメします!!

ウォーキング特化型シューズ N880

New Balanceというメーカーはご存知の方も多いと思いますが、ファッションよりも足の健康を考えた作りになっております。

元々矯正靴メーカーとして1906年にスタートし、100年以上たった今でも多くの人に履かれております。

靴選びのポイント

1.踵がしっかりしているスニーカー

靴のかかとを両側から指でグッとつまんでみてください。

ヒールカウンターというのですが、これがあるとしっかりと踵をホールドしてくれて、安定させてくれてくれるようなデザインになっております。

これがないペニャンペニャンしているスニーカーは、踵の左右動揺を保護してくれません。

踵のしっかりしているスニーカーを選びましょう!!

子どもの靴も同じです!!

 

2.足の指の関節が曲がるスニーカー

歩くときに足の指って曲がるんです。後ろ足になったときに足の指は反るんですよ。(専門的には足趾の伸展と言います。)

ってことは??

靴もここで曲がってくれなきゃ困るわけです。

人間本来の歩き方で言えば足の指は反るわけですから、靴によってこれが妨げられてしまうと歩き方が変わってしまいます・・・。

なので歩きやすいスニーカーには曲がる場所が設けられています。

この曲がる場所をフレックスポイントといいます。

フレックスポイントが設けられていない靴もいっぱいあります。)

フレックスポイントを確かめるためには、靴のつま先と踵を持ってグイッと押します。そうすると曲がるんです。

ただしこれ以外の部分も曲がるようなやらかさがあれば、逆に不安定になるので、フレックスポイントのみが柔らかいものを選んで下さい!

3.ねじれないスニーカー

スニーカーはあまりねじれてはいけません!!

歩く時にはどうしても足の動きとともに靴がねじれていくのですが、それがねじれすぎると足が不安定になり進まなくなってしまいます

なので、あまりねじれない、硬さがあるスニーカーの方が歩くのには適しています。

 

外反母趾のある方へ

外反母趾のある方が選ばない方がいい靴があります。

・踵の高い靴

踵の高い靴としてハイヒールなどが代表的ですが、ハイヒールが良くない理由として足先が尖っているのが問題視されがちですが、そうではなく踵が高くなっている事が良くないのです。

もしも踵が高い靴の方が歩きやすいという感覚になっているようでしたら、体全体が崩れてる可能性がありますのでご注意下さい!!

・横幅が調節できない靴 

靴紐やマジックテープ、ダイヤル式などで調整できるのが良いのですが、それができない靴を履いていると、横幅の広い靴であれば中がガサガサになって歩きにくくなったり、逆に横幅の狭い靴であれば、圧迫して痛くなったりする可能性が出てきます。

・中敷きやアウトソールの柔らかい靴

柔らかくて不安定になる為、砂浜を歩いているような感覚になります。そうなると、バランスを取ろうとして必要以上に足の指に力を入れてしまうからです。

生駒市『えだ鍼灸整骨院・整体院』では、日常生活での姿勢指導も行っております。

立ち方・座り方・歩き方とあらゆる場面で姿勢の見直しは大事ですが、その中でも靴は日常生活に大きく左右します。

姿勢のお悩みいつでもご相談下さい!!

外反母趾ページはこちら

 

生駒市『えだ鍼灸整骨院・整体院』

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

予約優先制

女性スタッフ在籍

駐車場 有

キッズスペース 有

土日も17:00まで受付

『えだ鍼灸整骨院・整体院』ホームページ