腰痛に対して、腰痛ベルトを巻くとどうなるのか?★

2021年08月31日

こんにちは!

産後骨盤矯正、猫背矯正、交通事故対応に力を入れております、奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院です。

 

夏休みも終わり、だらだらした生活から徐々に通常の生活に戻りつつありますが、怠けて運動不足になった身体が悲鳴を上げていませんか?

この時期は固まった身体を急に動かそうとして腰痛を発症してしまう方も少なくありません。

腰痛の時にベルトを巻いてもいいのか?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

そんな時に病院や整骨院に行かれる方が大半だと思いますが、それ以前に昔に使ったことのある腰痛ベルトを引っ張ってきたり、家族の使っている腰痛ベルトを借りたりする方も多いのではないでしょうか?

ベルトを巻くと腰痛が少しマシになります。

でも中には「腰痛ベルトはあまり巻かない方がいい」と聞いたことのある方もいると思います。

今日はそういった疑問を解決するため、腰痛になった時にベルトを巻いてもいいのかについてお話していきます。

腰痛ベルトって巻いてもいいの?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

腰痛になった時は、腰に力を入れることが出来なくなり少し動いただけでも腰回りに痛みが出る状態になります。

その状態では日常生活を満足に送ることが出来なくなるため、どうにかしようということで皆さんベルトを巻かれるのです。

腰痛の時にベルトを巻くとどんな作用が働くのか?

腰の筋肉というのは、収縮した時に腰を反らしたり、腰を曲げたりなどの作用が働きます。

実はそれだけではなく、腰や脇腹や腹筋など胴回りグルっと一周の筋肉が一つとなって収縮することで、グッとお腹周りが引き締まる状態=【腹圧が高まる】状態になります。

この作用が日頃の生活で非常に重要で、且つ、頻繁に起きている作用になります。

腰痛ベルトは、この【腹圧が高まる】状態を無理やり作り上げている形になります。

簡単に言うと、腰痛で腰の筋肉が働かず腹圧が高まらないから、代わりにベルトを巻いて腹圧を高めているイメージですね。

腹圧が高まるとどうなるのか?

腰にぐっと力が入るため動きやすくなります。

動くうえで安定感も出てきます。

痛む腰を誰かに支えてもらっているイメージですね。

どうして腰痛の時にベルトを巻かない方がいいと言われるのか?

痛みのないときは自分の筋肉を使って腹圧を高めています。

腰痛の時は「自分の筋肉は使わず」、ベルトを使用して腹圧を高めています。

この「自分の筋肉を使わず」というところがポイントで、ベルトを巻く期間が長ければ長いほど、使っていない自分の筋肉は弱まってきます。

そうするといざ腰痛が治ってベルトを外そうと思っても、自分の筋肉が弱くなりすぎてベルトなしでは生活できないレベルになってしまうのです。

このことを懸念して、一部の人からは「腰痛ベルトを巻いてはいけない説」が出てきたのです。

腰痛の時にベルトを巻くと良い。奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

ではどうすればいいのか?

ご安心ください。

ベルト自体は痛めた腰に非常に有効ですので、是非使ってください。

ただし、ベルトを巻く期間を出来るだけ短くする=早く腰痛を治す ことをしないといけません。

軽度であれ、腰痛になった時は一日でも早く整骨院に行き、専門的な施術を受けてください。

放ったらかしの期間が長いほど治りは遅くなり、ベルトから抜け出せない身体になってしまいますよ。

当整骨院では腰痛用の根本施術をご用意しておりますので、少しでもおかしいなと思った時点でのご予約をお待ちしております。

 

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

腰痛ページ

交通事故ページ

夜20時まで受付

日曜日も17時まで受付