腰痛に効く体操ってどんなの?勝手にやっていい?★

2021年08月31日

こんにちは!

腰痛・肩こりケア、産後骨盤矯正、交通事故対応に力を入れております

奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

 

9月になりましたね。

暦上は秋の到来ですが、まだまだ暑いこの季節・・・

引き続き暑さ対策を徹底しながら残暑を乗り切りましょう!

 

腰痛に効く体操とは?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

さて今日は、腰痛に効く体操についてのお話です。

 

【腰痛がひどくならないように自分で出来る体操を知りたい】

【今回の腰痛が治ったらこれからは自分で体操をしていい状態を維持したい】

こんな思いをお持ちの方は是非このブログを最後までご覧ください!

 

まずそもそも何故腰痛になったのかによって行わないといけない体操は異なってくるのですが、今日は比較的皆さん当てはまりやすい代表的なものを二つ挙げさせていただきます。

 

①ストレッチ

②筋トレ

この二つが代表的な腰痛体操になります。

 

①柔軟性不足

が原因で腰痛になった可能性のある方は、長座(膝を伸ばして床に座る)で身体を前に倒したときに、手の指先と足の指先が付かないケースが多いです。

こんな方は日頃の足の疲れを上手く分散できていない結果、腰に負担が集中するケースが多いです。

この場合、どんなストレッチをすればいいのか?

検査方法と同様のストレッチを毎日行うと良いですよ!

ただし、長座なら問題ないのですが、立った状態で身体を前に倒す(立位体前屈)ストレッチは身体を起こしてくるときに腰痛を悪化させるケースがありますので、必ず座った状態で行うようにしてください。

反動は付けず、ゆっくり深呼吸をしながら、1回につき40~60秒ほど伸ばしてくださいね。

それを1セット10回、朝晩と1日2セット行ってみてください。

毎日コツコツ行うことで、だんだんと身体が柔らかくなってきますよ☆

腰痛に効く体操「ストレッチ」で柔軟性アップ

 

②筋力不足

が原因で腰痛になった可能性のある方は、普段から反り腰や猫背になっているケースが多いです。

こんな方は腹圧が高まっていないため、日常生活を送っていても腰回りが安定せず腰に負担が集中するケースが多いです。

この場合、どんな筋トレをすればいいのか?

プランクと呼ばれる体幹トレーニングを行ってみてください。

やり方は、腕立て伏せの肘バージョンと思って頂ければ結構です。

頭から足先まで身体が一直線になるように腰を浮かせて一定時間じっとしておくだけ。

足先でバランスを取るのが困難な方は、膝をついて行っても結構です。

この運動はフォームが命のため、1回の時間は上記のフォームが崩れないくらいまでにとどめておいてください。

その時間で1セット5回、朝晩と1日2セット行ってみてください。

初めは短い時間でも、だんだん筋力が付いて長い時間行えるようになってきますので、決してあきらめず行ってくださいね☆

腰痛に効く体操「体幹トレーニング」プランクでインナーマッスル強化

 

今回は腰痛に効く代表的な体操を二つご紹介しました。

これらはあくまで腰痛を再発させないためや、ごく軽度の腰痛を緩和させる体操になりますので、まず一度専門家に見てもらって具体的にどの体操をしたらいいかとか、いつくらいから始めたらいいかなど聞かれると一番いいと思います。

当整骨院でもたくさんの専門家が様々なアドバイスを行っておりますので、腰痛にお困りの方は是非一度、奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院にお越しください。

一緒に腰痛の無い快適な生活を手に入れましょう!

 

 

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

土日17時まで受付

バリアフリー

コロナ対策実施中

根本治療を得意としています