腰痛になりにくい!オススメの「布団」の選び方!★

2022年02月11日

こんにちは!

産後骨盤矯正や肩こり腰痛施術や根本治療を得意としております奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院です。

冬になり毛布や掛け布団を何重にも重ねたり、エアコンをガンガン入れて寝たり、コタツに入ったまま寝てしまったり・・・

整骨院で患者さんとお話をしていると、冬は身体に悪そうな寝方をしている人がたくさんおられます。

今日はどんな布団で寝るのが腰痛に良いのかについてご説明しようと思います。

腰痛に良い敷布団とは? | 生駒市の鍼灸整骨院

低反発など身体が沈むマットレスは良くありません。

寝るときというのは身体の力が抜けているため最低限の力で寝返りを打つ必要があるのですが、身体が沈んだマットレスでは埋もれてしまって最低限の力で寝返りが打てません。

そうなるとずっと長時間同じ姿勢で眠ることになるため身体の筋肉が強張ったり血行不良に陥ったりし、腰痛を発症しやすくなってしまいます。

腰痛になりにくい理想の敷布団というのは、適度に硬さのあるものになります。

分かりやすい例でいうと、畳の上に昔ながらの敷布団を引いた時の硬さのイメージです。

畳というのは硬いですが板の間のようにカチカチではありませんよね。

わずかにクッション性があるのが分かると思います。

そこに昔ながらの敷布団を引いた硬さが、寝返りを打ちやすい理想の硬さだといわれています。

ですので、敷布団をマットレスなどで補っている方に関してはこの硬さくらいのマットレスを選ぶと良いですよ☆

沈む布団は腰痛になりやすい!奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

 

腰痛に良い掛け布団とは? | 生駒市の鍼灸整骨院

こちらは先ほどの敷布団と打って変わって、昔ながらの重たい布団は辞めた方がいいです。

何故かというと先ほど挙げた寝返りの件と同じなのですが、寝ている間身体は適度に寝返りを打たないといけません。

でもそんなときに重たい掛け布団をかぶっていると、重みに負けて寝返りが打てないのです。

ですので腰痛になりにくい理想の掛け布団というのは、綿などの重たい素材ではなく軽い羽毛などの素材のものです。

軽い掛け布団だとスムーズに寝返りが打てるので腰痛などになりにくいということなのです。

腰痛にオススメの掛け布団とは?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院


もちろん板の間でコタツなどで寝るというのは論外ですね。

もし絨毯を引いていたしても、机の高さが低いので寝返りが打てないことがほとんどです。

決して気持ちいいからとコタツで寝ないように注意してください!

 

布団を変えても一度なってしまった腰痛を完全に取り除くということは出来ませんので、今すでに腰痛になってしまっているという方は奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院の腰痛治療を受けるようにしてください。

お身体の状態を見極め原因を突き止めることで早期回復に繋がりますよ☆

腰痛になりにくい布団とは?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

腰痛治療法はこちら

えだ鍼灸整骨院・整体院HPトップはこちら

予約優先制