腰痛の時、「寝る姿勢」はどんな格好が良いのか?★

2021年11月27日

こんにちは!

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院です。

当整骨院は「トムソンベッドによる骨盤矯正」と「EMSコアレによる筋トレ」を組み合わせた「根本治療」に力を入れております。

根本治療についてはこちらをご覧ください。

腰痛の時の寝る姿勢とは?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

さて本日は腰痛の時の寝る姿勢についてお話をしていきます。

整骨院で働いていると腰痛になった方をよく見ます。

そんな方が多く気にされることとして、「腰痛の時の寝る姿勢はどんなのが良いのか?」ということです。

ほぼ100%聞かれるといっても過言ではありません。

早速そのあたりを詳しくご説明していきます。

 

教科書的には「横向きに丸まって寝る」のが良いとされている

一般的には横向きに丸まって寝る姿勢が腰痛には良いとされています。

何故かというと、仰向けやうつぶせで寝ると腰が過剰に反ってしまい、その状態が数時間続くと腰痛を悪化させかねないからです。

それに対して横向きで丸まって寝るというのは腰を反らすことが無いので、腰痛を悪化させる可能性が低くなるのです。

足の間に枕を挟むなども良いですよ。

腰痛の時、理想の寝る姿勢とは?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

最終的には「自分の楽な姿勢で寝る」のが良いと考えています

教科書はあくまで多数決で決められた一般論です。

教科書に載っていることが全員に当てはまるわけがありませんので、私としては「横向きで寝てみて腰痛が緩和されないようなら、自分の一番楽な姿勢で寝るのが良い」と考えております。

たとえその楽な姿勢が仰向けだったとしても、本人が楽だと感じるということは、今のその人の腰にとって一番負担が少ない姿勢だということです。

「痛みが出ている筋肉を一番力が抜ける体勢に持っていって、そのまま暫く放っておくだけで痛みを緩和させる」という治療法があるくらい、一番力が抜ける(楽だと感じる)姿勢というのは重要なのです。

 

腰痛の時は、寝る姿勢以外にも必要な治療を受けましょう

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院では、腰痛の方に上記のようなアドバイスをするだけでなく、マッサージや鍼灸や骨盤矯正などを組み合わせた「腰痛改善プログラム」をご提案させていただいております。

腰痛というのは日常のわずかな癖の積み重なりで起きます。

その癖を無くすことで腰痛の再発リスクが格段に下がり、元気に毎日を送れるようになると考えております。

今回初めて腰痛になった方も、何度も腰痛をくり返している方も、今回が最後になるように奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院で適切な治療を受けるようにしましょう。

腰痛の時、寝る姿勢は何が良い?奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

 

本日は「腰痛の時の寝る姿勢」についてお話をしましたが、当整骨院では腰痛以外にも様々な症状に対応しております。

詳しくはえだ鍼灸整骨院・整体院HPをご覧ください。

 

 

えだ鍼灸整骨院・整体院

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

阪奈中央病院さんのすぐ横

バス停「北条」のすぐ横

共有駐車場5台有り