ぎっくり腰の対処法ってなにをすれば一番いいの?★

2021年10月11日

こんにちは!!

産後骨盤矯正・姿勢矯正に力を入れております奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です☆

少しずつ涼しくなってきて、最近は過ごしやすくなってきましたね!

ぎっくり腰の対処法はえだ鍼灸整骨院・整体院

 

 

季節の変わり目こそ!!気を付けなければなりません!

春先に、秋口にぎっくり腰になってしまった(>_<)

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか??

今回はぎっくり腰になったときの対処法、治療法について詳しくお話ししていきます!

 

ぎっくり腰の対処法とは?

ぎっくり腰になったときはほとんどが動けない、動くのも辛い、足まで背中まで痛くなってきた・・・

このとき、まず初めにぎっくり腰の対処法としてしていただきたいことが1つあります。

炎症が起きてしまっているため「冷やす」ことをしてください。

炎症が起きることで痛みの物質が放出してしまい、痛みの感度が上がってしまいます。

冷やすことによって炎症を抑えてくれます。

炎症が引いてくることで次第に痛みも引いてきます。

この炎症が出ているときの期間が約2~3日。

この期間は必ず冷やす!!

冷やすこと、そして安静にすることを覚えていてください。

冷やす期間が終わったら次は温める期間に入ります。

「炎症が収まった」と感じた後日から温めていただいて構いません。

ですが、「冷やす」から「温める」ときの判断はご自身では難しいかと思います。

分かりづらい判断になりますので、ご自身で判断せずに整骨院スタッフに聞いてください。

 

冷やすってどうするの??

氷水を袋に入れ、痛みの患部に当てて10分間冷やしてください。

氷が無ければ、薄めのタオルに保冷剤を巻いたものを患部に当てて10分間冷やしてください。

この工程をぎっくり腰になったときから2~3日必ず続けてください。

ぎっくり腰の対処法についてはえだ鍼灸整骨院・整体院

ぎっくり腰になる前の対処法ってどんなの?

筋肉の柔軟性がないとぎっくり腰になりやすく、腰に負担がかかる重労働などはぎっくり腰になりやすいです。

筋肉の柔軟性を高めるためにストレッチや身体を温めて血流改善をしてください。

普段の姿勢を良くし、腰になるべく負担がかからないように気をつけてください!

 

他の対処法も知りたい方がいまぎっくり腰の対処法についてはえだ鍼灸整骨院・整体院したら、ぜひスタッフに聞いてください☆!

 

 

今回はぎっくり腰の対処法についてお話しさせていただきました。

ぎっくり腰の原因についても記載してありますので是非こちらもご覧下さい。

ぎっくり腰の原因とは? | 生駒市えだ鍼灸整骨院

 

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

0743-75-1656

平日20時・土日17時まで

キッズスペース完備

えだ鍼灸整骨院HPはこちら

ぎっくり腰 | 生駒市えだ鍼灸整骨院