産後ママへの贈り物★

2021年04月15日

こんにちは!

産後骨盤矯正にも力を入れている

奈良県生駒市『えだ鍼灸整骨院・整体院』です。

産後1ヶ月〜1年半までのお母さんが対象です(帝王切開は2ヶ月〜)。

妊娠中はどうしてもお腹側に負担がいくので、腰が反り、骨盤が前に傾こうとします。

それだけでなく、妊娠中は慣れない姿勢を保つために、体全体がかばいあいをするので、骨盤・骨格ともにぐらぐらになります。

そして、出産時は産道を通りやすくするために骨盤が開きます。

そして、体力的にもダメージを受けます⤵

そのダメージは何と…

軽トラックに追突されたのと同じくらいの衝撃だとも言われております。

そんなボロボロに崩れた状態はそのままにしておくと、そのまま固まってしまいます。

産後1ヶ月〜半年は矯正をする絶好の時期

逆にこの時期に対策をしておけば体を正しい状態に戻すことができます。それどころか妊娠前の時よりも正すことだって可能になります。

出産で恥骨の靭帯が一旦伸びるので、その伸びる間に骨盤を矯正しやすくなるからです。

ブロックを使った優しい矯正から始めさせていただいております。

このブロックを骨盤の下に敷き、そのまま置いておくことで自分の体重で骨盤が動いてくれます。

なので直接骨をバキバキするようなこともありません!

最後は弱った体をEMS筋トレで強化

とはいっても、スポーツジムでの筋トレような頑張るものではありません!

寝ながらです。仰向きで寝ながらEMSの電気を当てる、それだけでインナーのトレーニングができるのです。

『コアレ』といいます。産後ケアは奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」へお任せください

先程の骨盤矯正が左右のバランスを整えるものだとしたら、こちらの『コアレ』は前後のバランスを整えるイメージで考えてもらったらと思います。

『腹筋』『背筋』と体の前後にありますが、放っておくと低下していきがちなのが『腹筋』の方だと言われております。

これは、AさんBさんの二人がいて二人で協力してやっていかないといけないのが、Aさんだけが頑張って、Bさんがサボってしまっているようなものです。

そうならないように、『腹筋』も『背筋』もどちらも鍛えていくことにより、生活していく上で必要なインナーマッスルの強化ができるようになります。

インナーマッスルは一度ついてしまえばなかなか落ちにくいと言われております。

この絶好の時期を

赤ちゃんからもらったママへのプレゼントだと思って、骨盤矯正に励んでみませんか?

 

産後骨盤矯正はこちら

 

生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」

奈良県生駒市俵口町451-1

0743-75-1656

予約優先制

女性スタッフ在籍

駐車場 有

キッズスペース 有

土日も17:00まで受付

『えだ鍼灸整骨院・整体院』ホームページ