ぎっくり腰にはロキソニンを飲めば大丈夫なの??★

2021年11月12日

こんにちは!!

交通事故・むちうち治療に力を入れております【奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院】です。

最近は一気に気温が下がり、衣替えをそろそろしなければいけない季節になってきましたね。

この寒暖差が激しくなってきた季節こそぎっくり腰に気をつけなければなりません。

ぎっくり腰になったときに、薬を飲んで痛みを少し和らげればいいんじゃないか。と思っている方、ぜひ今回のブログを読んでみてください!

 

ぎっくり腰の治療は奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院へ

 

ぎっくり腰にはロキソニンを服薬すればいいの?

ぎっくり腰になった時にロキソニンを飲んだら少しは痛みが治まる!なんて思ってる方いませんか??

ロキソニンの成分には痛み止めが入っています。

この痛み止めの成分が入っているため、一時的ではありますが、ぎっくり腰の痛みを緩和させてくれる作用があります。

 

痛み止めって結局なんなの?

痛みや発熱を引き起こす体内の物質

「プロスタグランジン」の生成を抑えることで、解熱や鎮痛といった作用をしてくれています。

ロキソニンを飲みすぎると・・・

ロキソニンを飲みすぎると体内で薬の成分が慣れてしまい、いざ!という時に効きにくくなってしまいます。

飲みすぎることで胃に負担をかけ、胃が荒れたり、胃に穴があくこともありますので絶対に痛み止めは飲み続けないようにしてください!!

 

ぎっくり腰になったときはロキソニンに頼らないで!!

一時的に痛みを緩和させてくれますが、痛みの原因である物質のほかに、筋肉や関節といったものは治っていません。

一時的に痛みを抑えているだけで、根本的には治っていません。

ロキソニンを服薬し、痛みを一時的に抑え、時間が過ぎるとまた痛みがぶり返してきます。

なので決して治ったわけではありません!!

ロキソニンを服薬してるから、ぎっくり腰はもう大丈夫だろう。という考え方は禁物です!

ぎっくり腰にならないためにも、なった時にも!

当院でしっかりと根本治療をし、身体のメンテナンスをしていきましょう!!

 

今回はぎっくり腰ロキソニンについてお話しさせていただきました。

又、ぎっくり腰の原因って?ぎっくり腰になった場合どうした対処をすればいいのか・・・

下記のブログに詳しく書いておりますので、ぜひご覧ください。

ぎっくり腰の原因 | 奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院

ぎっくり腰の対処法 |奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院

 

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院ホームページはこちら

えだ鍼灸整骨院・整体院

駐車場完備

キッズスペースあり

交通事故治療可能