ぎっくり腰になる前に!!ストレッチをしよう!!★

2021年10月18日

こんにちは!!

姿勢・骨盤矯正、交通事故に力をいれております奈良県生駒市「えだ鍼灸整骨院・整体院」です。

生駒でぎっくり腰施術なら、えだ整骨院

ぎっくり腰になる前に皆さんは何をしますか?

ぎっくり腰になる前にストレッチをすることで腰の負担を減らすことができます!!

腰の負担をへらす→筋肉の張りが緩和→可動域拡大→ぎっくり腰になりにくい身体に

 

では、どのようなストッレッチをしたらいいのか・・・

本日はぎっくり腰の予防としてストレッチ方法をお教えします!☆

 

ぎっくり腰の予防にはストレッチが効果的!?

ぎっくり腰になる原因は様々ですが、筋肉が固くなっていたり、筋肉の柔軟性がなかったりするとぎっくり腰になりやすくなります。

筋肉の柔軟性を良くすることで、筋肉の固さを取っていき、関節の動きも良くしていきます。

ストレッチをすることによってメリットがたくさんあるんです!!

 

ストレッチってどうするの?

ストレッチのやり方、どこの筋肉を伸ばせばいいの?

やり方や伸ばし方を間違っている方がたくさんいるんです。

今回は簡単でだれでも出来る間違えないストレッチ方法をお教えします!!

ぎっくり腰予防のストレッチ

ぎっくり腰にはストレッチを奈良県生駒市えだ整骨院へ

①仰向けで寝ながら太ももの上に反対の足を乗せ、胸のほうに引っ張る

(お尻の筋肉が伸びていたらOK)

ぎっくり腰のストレッチには奈良県生駒市えだ整骨院へ

 

②座った状態から片足を伸ばし、膝が浮かないようにつま先を触るイメージで伸ばす

(太ももの裏が伸びていたらOK)

ぎっくりの予防hがえだ整骨院へ

③座った状態から太ももを曲げ、片足を正座するイメージで伸ばす

(太もも前が伸びていたらOK)

 

 

 

ストレッチは痛みを我慢するまで伸ばすの?

痛みがある程度あれば大丈夫。

痛みを我慢しながらストレッチすると逆に筋肉に負担がかかって痛めやすくなります。

かと言って痛みがないのはストレッチになっていないので要注意です!!

痛みが少しあり、心地がいいぐらいが一番ベストです(^^)

 

ストレッチは何分すればOK?

長く伸ばせばいいんじゃないか?と思っっている方、それは間違いです。

ストレッチに効果的な時間は約15秒から20秒を2、3セットです。ぎっくり腰のストレッチ方法についてはえだ鍼灸整骨院・整体院へ

長くストレッチをする反動をつけるのではなく、持続的にジワァ~と伸ばすのが効果的です。

細かいやり方については当整骨院スタッフに聞いてみてください!!

ぎっくり腰の負担軽減にはストレッチの他に姿勢を意識したり、身体を温めることでも効果的です。

 

今回はぎっくり腰に対してのストレッチをお話しさせていただきました。

ぎっくり腰の原因、対処法についても記載してありますので、ご覧になってください!

ぎっくり腰の原因とは? | 生駒市えだ鍼灸整骨院

ぎっくり腰の対処法とは? | 生駒市えだ整骨院

 

奈良県生駒市えだ鍼灸整骨院・整体院

0743-75-1656

平日20時・土日17時まで

駐車場完備

えだ鍼灸整骨院HPはこちら

ぎっくり腰 | 生駒市えだ鍼灸整骨院